前へ
次へ

予防歯科医療として定期的に歯医者へ来院

ずきずきと歯が痛くなったらやっと、重い腰を上げて歯医者さんに助けを求める大人は少なくありません。痛いときにだけ歯医者さんへ来院をして虫歯治療をすると、やがて大切な天然歯はなくなってしまいます。永久歯をやがて抜歯しなくてはならない原因のトップは、ほとんどの大人が患う歯周病、次いで虫歯であり、破折や矯正やほかの理由はそれほど多くはありません。天然歯はなくなってしまうと、もう再生をすることはできませんから、だめになる前に正しい方法でアプローチをすることが肝心です。歯を失うトップの原因の2つ、つまり歯周病と虫歯を予防していくことが大事であり、日々のセルフでのケアとともに、定期的な歯科医院でのケアも取り入れるようにします。虫歯の時にだけ駆け込むのが、歯科医院の役割ではありません。歯周病や虫歯になってしまうのは、その原因がお口の中に存在をするためです。バイオフィルムはまさにその発端であり、悪さをする細菌の集合体でもあります。根こそぎバイオフィルムは、すっきりと除去をすること、口腔内を清潔にすることも必須です。手厚い保険制度に守られる日本ですから、何かあったら医療に頼ることができますし、歯の問題も歯科医院に何とかしてもらえると考えてしまいますが、自分の歯を守るのは本人自身でもあります。意識を高く持ち日々の歯のお手入れをしながら、歯科医院でのメンテナンスをプラスするやり方です。現代では予防歯科医療を取り入れる歯科医院はとても多く、虫歯になる前に歯の健康を守っていくことができます。何かお口の中に問題が起きているとしても、定期的な歯科通いで早期発見ができますし、破壊部分があれば歯科のプロとして外科的に修復することが可能です。また口腔内に欠損部分があるのであれば、補綴的に補うことも歯科医院ではできます。大人でも歯のブラッシング指導を受けたり、歯を守るために基本的なことから学ぶことのできる良い機会です。

安心して歯の治療を受けられる西船橋の岡本歯科クリニック

東陽町にて幅広い歯の不調を診療している歯医者
虫歯などの治療だけでなく、歯周病やセラミック治療なども行っています。

最先端の機器にて治療をする光が丘の歯医者つきおか歯科医院

中川区の歯医者「助光デンタルクリニック」
地域の皆様に安心の歯科治療をご提供しております

自分に合った歯医者選び
あなた自身に合った歯医者を選ぶことが大切です

Page Top