少子化と参政権の引き下げ

日本における国民の政治への参加の方法は、選挙に投票することが基本です。
国民が選挙に参加する権利のことを、参政権と呼んでいます。
このような参政権は、現在16歳からと法律において定められています。
しかし参政権は国によって異なることを、忘れてはなりません。
例えば国によっては、16歳から参政権が与えられることもあるのです。
すなわち参政権は、必ず20歳からと決まっているわけではありません。
そこで日本の国会においても、参政権を20歳から18歳に引き下げようとしています。
そこには現在の日本において発生している、子どもの数が少なくなる少子化が影響をしています。
少子化を改善するためには、若い世代の意見を国の活動に活かす必要があるのです。
その点において参政権の年齢を引き下げることは、若い世代の意見を活かすことに繋がります。
こうしたことから、現在日本で行われようとしている参政権の引き下げは、大きな意味があるのです。